アパートで犬を飼う時に気をつけることは?

犬が飼いたいけどアパート暮らしで不安…。しかし飼う上で気をつけるべき点を知れば安心して飼えることができます。

犬が飼えるアパートか確認する

何よりも大事なのが自分のアパートがペット可の物件であるのか確認することです。間違ってもペット不可なのに犬を飼うようなことはしないように。隠し通せると思っていても、犬は吠えたり部屋を駆け回って足音が聞こえたりしてばれてしまいます。そうするとアパートを引っ越すか犬を手放さないといけなくなり、犬を不幸な目に合わせることになります。

アパートでのルールをしっかり守る

ペット可のアパートでもルールをしっかり守らないといけません。ルールを破って自分勝手な行動をしているとアパートの他の住人に迷惑がかかりますし、最悪部屋から追い出される可能性もあります。ペットを飼うなら自分の行動には責任を持ちましょう。

防音対策をする

アパートでペットを飼う上で特に気を付けないといけないのが騒音対策。アパートによっては防音設備が整っていたり部屋が離れていたりしますが、それは自分で騒音対策をしなくていいというわけではありません。犬の鳴き声は思っている以上に響くもので、また犬の足音も気にしないといけません。ある程度の犬の鳴き声や足音が出るのはどうしようもないので、防音マットや防音の壁、防音カーテンにするなどといった防音対策をしましょう。

無駄吠えを無くす

犬によっては無駄吠えをして周りの住人に迷惑をかけてしまうことがあります。無駄吠えの原因は散歩や遊びが足りないために欲求不満になっている・留守番中に分離不安になっている・縄張り意識からなどがあり、その原因に合わせた解決方法を行うことで無駄吠えを止めることができます。例えば欲求不満による無駄吠えであるならば、散歩や遊ぶ時間をのばして満足するまで続ければ無駄吠えをしなくなり、分離不安も同様に留守番前に散歩や遊ぶことで疲れさせ、またゲージやサークルなどに入れて動ける範囲を狭めることで無駄吠えをやめさせることができます。縄張り意識からの無駄吠えもテリトリーを狭めることでとまることがあります。

引っ越しをする時はしっかりと綺麗にする

引っ越しでアパートから撤去しないといけない時には、犬を飼っていても飼っていなくてもリフォームが必要です。しかし犬を飼っていたら犬がいたずらして部屋の設備を壊したり、壁や床を傷つけたりすることがあるので、飼っていない場合よりもリフォームの費用が高くなります。そうでなくとも犬を飼っているだけで部屋に臭いが染み付いてしまうので、その臭いを消すリフォームをしないといけません。犬をアパートで飼う際に引っ越しをする場合はその修繕費がかかることを覚えておきましょう。

小型犬がベスト

アパートで飼うなら小型犬が良いでしょう。大型犬だと足音が大きく、また力もあるので室内のものを破壊しやすい傾向があり、アパート向きではありません。また小さい部屋だと大型犬が十分に遊べずにストレスが溜まってしまうので、大型犬にとっても良い環境とは言えません。そのため、足音が比較的小さく家具などを壊しにくい小型犬がアパートで飼うにはうってつけです。