エキゾチックショートヘアーの人気ブリーダートップ3

猫の中でも、愛嬌のある鼻が特徴のエキゾチックショートヘアー。

出産頭数が少なく、出産自体も難しいことから、ペットショップで見かけることは少ない猫種です。

そんなエキゾチックショートヘアーを扱うブリーダーの中から、評価の高いブリーダーを紹介します。

関東近郊にお住まいの方は、是非参考にしてみてください。

安齋由美子ブリーダー

猫舎所在地は東京都東大和市狭山。生まれる子猫すべて、自身で飼うことを前提として大切に育てています。

愛情を受けて育った子猫たちは、人間が好きな子ばかり。さらにしつけもされているため、賢く飼いやすい子猫になっています。

自然豊かな東京郊外にある猫者という、ストレスの少ない飼育環境です。

事前に相談をすることで、出張にも対応できる場合があります。

近場で良いブリーダーと出会えない、遠くて足を運べないという方も、気軽に相談をしてみましょう。

猫舎の衛生面、猫たちの健康面には十分に配慮をしています。

グルーミングスクールを卒業しJKCトリマーC級ライセンスを取得している

ブリーダーであるため、見た目にもケアの行き届いた子猫ばかりです。猫を飼うことが初めての方は、色々と不安もあるはず。

迎え入れる前にはメールでの相談も対応しているため、安心して迎えることができるのではないでしょうか。

また、お迎えの際には最寄駅まで届けてもらうことも可能。ただし、場合によっては対応が出来ない場合もあるため、基本的には猫舎まで迎えにいきましょう。

猫たちへの愛情が最大の魅力と高評価を得ているブリーダーです。

大黒知英ブリーダー

猫舎所在地は東京都中野区新井。

創業20年を越える猫舎です。

キャットショーにも多数参加をしています。

スタンダートだけではなく、顔が可愛い子猫のブリーディングを目指しているそう。

子猫には自信があり、猫舎の見学にも対応しています。

エキゾチックショートヘアーに関する知識が豊富で、どの様な質問にも丁寧に対応をしてくれるという点が高評価を得ています。猫たちは非常に人懐こく、愛情をかけて育てられていることも分かるという点は、初めてブリーダーから迎える方にも安心できるポイントです。

小川眞理子ブリーダー

猫舎所在地は東京都江東区亀戸。

30年以上のキャリアを誇るブリーダーです。

60頭のエキゾチックショートヘアーが居る時期も。

家族同然に飼育をしているため、子猫は非常に人懐っこい点が魅力です。

猫の医学や行動学を勉強し、キャットショーなどにも参加をしています。

ペットショップも経営しており、いつでも見学が可能です。

見学の段階で丁寧な説明があるため、迎え入れることにも不安がない状態で契約ができるのです。

迎える際には、食べていたエサを分けてもらうことも可能。

30年以上のキャリアがあることで、エキゾチックショートヘアーに関する

知識が豊富です。飼い方など、質問にも親切に対応してくれるという点が高評価を得ています。

ベテランが多いエキゾチックショートヘアーのブリーダー

エキゾチックショートヘアーの特徴や、病気などをしっかりと理解しているブリーダーが高評価を得ていることが分かります。

見学の際の対応を見て、相性の良いブリーダーを見つけてください。