ブリーダーとペットショップどちらを選べばいいの?

ブリーダーとペットショップはペットを迎えるにあたってよく利用されていますが、両者の違いとはどのようなものであり、またペットを迎えたい時にどちらを選べば良いのでしょうか?

ブリーダーの特徴

ブリーダーはペットの繫殖・販売をしている人のことを指します。販売方法はブリーダー本人が売っているタイプとペットショップに卸すタイプの2種類があります。ブリーダーは種の繫殖・保存やショータイプの動物といった繫殖目的によって、扱う動物の種類がある程度絞られているので、純血が欲しい・血統書付きの動物が欲しいといった人はブリーダーからもらった方がおすすめです。ブリーダーからもらい受ける際は犬舎見学の予約をし、見学をしてどの動物がいいか選び譲渡してもらうといった流れになります。

ペットショップの特徴

ペットショップは大型スーパーなどにあることが多いので、ペットを迎える方法の中で一番簡単な方法と言えます。ブリーダーから動物を卸して販売しており、店舗によって異なりますが多種多様な動物を扱っています。そのためペットを飼いたいけどどの動物にするか具体的に決めていない人におすすめです。ペットショップを利用するメリットはペットを迎える際にペット保険に加入できる・動物を飼うのに必要な道具・エサなどをその場で調達できる・動物をそこでもらうと成約特典を受けられるといったことがあります。

動物をもらう時の注意点

迎え方がブリーダー・ペットショップに関係なく注意しなければならないことは飼育環境・動物の健康状態・ワクチン接種・病気の有無です。飼育環境が悪いと無駄吠えなどの問題行動を起こし、もらい受けた際にしつけがかなり大変になることがあり、健康状態も悪いことが多いです。また必要なワクチンを受けていないと動物が感染症にかかりやすくなるだけではなく、人間にも感染する病気を移される可能性があります。ブリーダーの場合は繫殖場所を見学する際にはきちんと飼育環境を見せてくれるか、ペットショップの場合は檻の中が清潔にされているかチェックするようにし、ワクチンをきちんと受けており病気があるかしっかり確認しましょう。

パピーミルに注意

ブリーダーはペットに愛情を持って接している方も多いのですが、中にはパピーミルと呼ばれる悪徳ブリーダーも存在します。パピーミルとは別名「子犬工場」と言い、利益優先で動物を繫殖させているため、動物に十分なエサを与えない・必要なしつけをしない・ゴミが散乱しているなど清潔な場所で飼わないなどかなりの悪条件下に動物をおいています。実際行政が悪徳ブリーダーのところに行ってみると動物の毛や糞が床に散らばっており、中には動物の死骸が見つかったという事件も発生しています。また運よくそこから助けだされた動物の中には重篤な病気を持っていたり、しつけを受けられなかったために普通のペットのような暮らしを送るのが困難になっていたりする子もおり、こういったところから卸された動物も遺伝的な疾患などを持っている可能があります。そのため悪徳ブリーダーが蔓延しないように、また異常を持つ動物をもらわないように、ペットをブリーダーもしくはペットショップでもらうにしても繫殖元のことをしっかり調べるようにしましょう。