ブリーダーに嬉しいネット直販システム

ペットブームが終り、子犬子猫の買い取り価格の下落が続く中で、次第に採算が難しくなるブリーダーが増え廃業をする数も増えています。犬舎、猫舎を維持していても十分な収益を見込むことができず規模の縮小や厳しい環境の元で運営を続けている方も目立ちます。そのような状況の中で、ペットショップやオークションを介さずに購入希望者と直接売買を行う事が出来るインターネットサイトが増えています。活用にあたっては事前にシステムの仕組みと注意点を把握しておく必要があります。

インターネットで子犬や子猫を売買する仕組み

インターネットショッピングの草創期は多種多様なショップが誕生し、ペット業界にも多数のインターネット通販のショップが誕生しました。しかし犬猫という特殊な商品をインターネットで売買するには様々な社会的な問題が生じ、インターネットで犬猫を売買することが動物愛護法で禁止されるほどになりました。

その後、動物愛護法を順守したうえで、インターネットを通じ仲介のみを行うインターネットサイトが誕生しました。

このサイトの仕組みは以下の通りです。

①子犬、子猫の情報をブリーダーが掲載をする

②購入希望者が自ら閲覧し、対象のブリーダーに連絡をし、実際に犬舎、猫舎を訪問する

③対面で子犬、子猫を確認したうえで、売買契約を取り交わす

この仕組みはあくまでもインターネットサイトが仲介をするという仕組みです。その為、子犬、子猫の売買が成立した時点で仲介手数料の支払いが生じます。この仲介手数料はそれぞれのサイトによって金額、支払い方法が異なります。子犬、子猫の情報を掲載する前にしっかりと詳細を確認することが必要です。またサイトに登録をするという事はブリーダー自身の個人情報が公開されるという意味でもあります。その為にも取引や接客、繁殖は責任をもって取り組むことが必要です。

インターネット直販サイト活用時の注意点

インターネットを通じて子犬、子猫を直接販売する際には、下記の点に注意が必要です。

①購入者の中には犬猫の飼育経験がなく、予備知識がない方もいます

(販売時には丁寧な飼育方法の説明を行い、引き渡し後にスムーズに新しい環境に馴染めるように手伝いをする必要があります)

②飼育施設は常に清潔に保ち、いつでも購入希望者の訪問を受け入れる事が出来る体制を整えておく必要があります

(動物愛護法の制定により、販売は必ず対面での接客、犬猫の実物の確認が必須となっています。購入希望者に不快な印象を与えないように日々の清掃管理を徹底しましょう)

③想定外の事態への備えも必要です

(購入後の返品、家族の反対、アレルギーの発症、支払い関連など一旦は引き取った犬猫を返品、返金したいと申し出る顧客もいます。このような事態に対処できるように販売時には書面で取り決め事項を取り交わし、トラブルの回避に努めましょう)

子犬、子猫は非常に成長が早く、離乳後の最も可愛らしい時期に売買契約を成立させたいと考えるものです。しかし販売時期を焦るばかりに判断を間違ってしまうことのないように子犬、子猫の終生飼育をしっかりと託す事が出来る方を購入者として見つけてあげる事を心がけしっかりと取り組むことが大切です。