ブリーダーの収入を増やすための3つの方法

ブリーダーのメインとなる収入源と言えば子犬や子猫の販売です。しかし犬猫の出産は必ずしも計画通りに進むものではありません。その上買取価格も顔立ち、毛色、サイズに左右され、流行によっても大きく変動をします。

ただ収入が不安定であっても犬猫の飼育にかかる費用は毎日必要になるのですから、何とか収入増を目指したいと考えることも当然です。

このような場合に少しでも収入を増やすことが出来る方法をご紹介させていただきます。

トリミングやペットホテル業務を行う

犬猫を飼育するための設備が完備されているとう事を最大限に活用したうえで収入を増やすには、トリミングやペットホテルを業務として請け負う事がおすすめです。犬舎の設備や人員は朝夕は大変多忙ですが、この時間帯を過ぎてしまえば手隙になります。この時間帯を利用して近隣の飼い主からの要望に応えることです。

特にペットホテルは大型連休の受け入れをすることで大きな収入につながります。犬舎では大型連休であっても常に犬猫が生活をしていて、世話をするための人員が必要になるのですから、ペットホテル業務も並行して行う事が出来るでしょう。

このような形態で業務を拡大する場合、施設の改装工事や広告宣伝を開始する前に、自治体へ開業許可の届け出が必要になるので、必要な手順を調べ計画的に準備を進めてゆきましょう。

外部からの交配を受け付ける

ブリーダーの中にはドッグショーで受賞歴のある犬を飼育されている方も多くいます。これらの受賞歴は大抵がオス犬が所有しています。この受賞歴を生かし、一般家庭や他犬舎からの交配依頼を受け付けることも大きな収入源になります。自宅での出産を希望する飼い主の中にはオス犬を購入するのは難しいというケースもあり、交配だけを依頼したいという声もあります。外部犬舎の場合、近親交配をさけること、より優秀な血統を生み出すためにあえて外部犬舎との交配を希望するケースもあります。交配にかんする費用は受賞歴がない場合で3~5万円、受賞歴のある犬の場合10万円をこえることも珍しくありません。

このような業務を請け負う場合、請け負っていることを宣伝する必要があります。自身の犬舎HPはもちろんSNSなどを通じて情報を発信してゆきましょう。ただし交配は必ずしも毎回順調に成功するものではありません。時には妊娠に至らないこともあるので、あらかじめ費用や失敗した場合の補償等について取り決めを済ませておきましょう。

ネットショップを開業する

今や個人でも簡単にインターネットを利用して店舗を持つ事が出来ます。ブリーダーの目線で選んだ専門用品はもちろんのこと、ハンドメイド製品などを販売する方法もあります。インターネットショップの場合、路面店を契約したり、自身で店舗を改装する手間暇、経費を考えると各段に手軽に開業することが出来ます。在庫の数量も自身の保管場所に合わせて調整出来るので、犬舎や自宅の空きスペースを活用して仕事をすることが出来るでしょう。日々の犬舎での業務と並行して新たな仕事として始めることが出来るのでこの方法を始めるブリーダーが今増えています。

ぜひ新たな収入増の方法を見出し、少しでも収入が安定するよう取り組んでゆきましょう。