ブリーダーの抱えるリタイア犬への課題3項目

たびたびニュースでブリーダーに関する悲しい話題が取り上げられます。中でもリタイア犬と呼ばれる繁殖対象外となった高齢の犬に関する問題は解決の糸口が見いだせない深刻な問題です。

今、多くのブリーダーたちが抱える問題の背景を知り、今後の改善策を見出してゆきましょう。

子犬の買い取り価格の低下で赤字続き

近年、犬の飼育頭数が減少傾向にあることを受け、一時期に比べ子犬の買い取り金額が低下する傾向にあります。

そのため、ブリーダーは繁殖を手掛けても採算が合わない場合が増え、経済的に困窮した状態に陥ってしまいます。

本来であれば現役世代の生んだ子犬の売買金額でリタイア犬の生活を支えるという仕組みで犬舎を運営するはずが、これでは赤字がかさむ一方です。当然健康管理はもちろんのこと衛生管理も行き届かず、経営は悪循環に陥ります。

この問題がさらに深刻さを増すことで起こる問題が飼育放棄や飼育崩壊という問題です。これ以上飼育継続ができないという事態に陥り、ブリーダーが犬の世話を放棄してしまうのです。

この問題はたびたびニュースでも取り上げられるものの、自治体による罰則の適用はあるものの、最終的な救済策はなく、ボランティアによる犬の保護で解決を見出しています。

リタイア犬が生活する環境の維持が困難

犬は通常3,4歳を境に繁殖かリタイアします。しかし犬の寿命は15年と長く、リタイアした後の長い期間の生活には専用のスペースが必要になります。しかし小規模、個人で運営する多くの犬舎はリタイア犬が過ごす十分な設備を維持することができません。

もちろん収入を得続けるためには、新たな現役世代の犬を入手する必要もあり、現役の犬とリタイアした犬とで気が付けば想像以上に頭数が増えてしまいます。

自宅の一部を犬舎として活用している場合、この問題はとても深刻で中には人間の居住スペースが侵食されてしまうこともあるほどです。

さらに動物愛護法の制定により犬の飼育環境にも法的な基準が適用されれうようになり、ますますブリーダーは施設の維持が困難になってきています。

この問題はブリーダー個人の問題に収まらず近隣への騒音、悪臭問題にさえ続きます。

日本特有のペットブームの影響で過剰飼育

日本ではたびたび特定の犬種の爆発的なブームが起こります。このブームの最中は子犬の取引価格も数倍に跳ね上がります。

もちろんペットショップはブリーダーに早急な繁殖、市場への供給を依頼します。

このブームに乗り収入増加を目指す場合、ブリーダーは人気犬種を買い集め、繁殖に取り掛かります。しかし日本のこのようなブームはTVCMやネットを中心に突発的に起こる上に、想像以上に短い期間で終焉を迎えてしまいます。その結果、ブリーダーのもとにはブームを去ってしまった元人気犬種hがあふれかえることになります。当然ブームが去ってしまった後は子犬の買い取り価格は数千円程度にまで下落することもあります。

このようなブームは過去にダックス、チワワ、コーギー、プードルとさまざまな犬種で見られたものです。

今ではいずれの犬種もブームが去ってしまっています。この問題はブリーダーだけではなく日本のペット業界全体の問題ともいわれています。