ブリーダーの探し方で重要な5つのポイント

人気の犬種や猫種のブリーダーは多く、悪質なブリーダーも多く存在しています。

しかし、ブリーダーから購入することにはメリットも多いため、購入したいと考える方も多いはず。

そこで、ブリーダーを探すにあたって重要となる5つのポイントを紹介します。

優良なブリーダーとは

ブリーダーとは、犬や猫の販売が本業ではありません。犬種・猫種の保存や、その種類の質向上などを目的にブリーディングを行う職業をいいます。

そのため、優良なブリーダーであれば各種類の基準を逸脱したブリーディングを行わないのです。

小型化や、見た目の可愛さを優先しているブリーダーは優良なブリーダーであるとはいえません。

ドッグショーに出陳しているかどうか

優良なブリーダーは、JKCなどが主催するショーに出て、受賞歴があることが特徴です。

ショーといっても見た目だけを審査するのではなく、いかにスタンダードの形で美しく健康であるかどうかを競います。

つまり、ショーの受賞歴があるということは無理なく正当なブリーディングを行っているという証拠なのです。

遺伝的な病気について知識がある

それぞれの犬種や猫種ごとに、かかりやすい病気は異なります。自身がブリーディングを行っている種類に関しては、「知らないことは無い」というほどの知識の量を持ったブリーダーを選びましょう。

ブリーダーは、質問をする前に自ら病気に関する内容を話してくれます。また、質問をするとスムーズに解凍を得られるはずです。積極的に病気やケガの恐れについて、そして予防対策も教えてくれるでしょう。

特定の犬種や猫種専門のブリーダーであること

人気のある犬種や猫種を何種類も揃えていたり、ブリーディングをする種類を変えるブリーダーは避けましょう。

利益優先である場合が非常に多く、それぞれの種類に対する知識も浅くなります。

ミックス犬をブリーディングしているブリーダーは、ブリーダー本来の目的である「各犬種・猫種の保存」から逸脱しているのです。

長年、同じ種類の犬や猫を専門にブリーディングしていることがポイントとなります。

広い飼育環境

広い犬舎もしくは運動場を完備し、ストレスのない生活を送っているかどうかは重要です。

狭いケージで飼育をしている場合は、ストレスも多く病気を持った子犬や子猫が生まれやすくもなります。

見学に出向き、飼育環境を確認しましょう。

動物優先かどうかが最重要視ポイント

最も重要なポイントは、動物の健康を最優先に考えているかどうかです。

健康に配慮をして計画的なブリーディングを行っている、十分な運動をさせているなどを確認しましょう。

実際に見学をして、ブリーダーと交流を持つことで人間性を確認しましょう。

また、動物に関わる資格を持っているという点もポイントになります。

探し方のポイントをおさえる

インターネットで写真だけを確認しても、分からないことが沢山あります。

直接ブリーダーや飼育環境を確認することで、他にも大切なポイントが見えてくるかも知れません。

ポイントを確認しようとするあまり、ブリーダーに対して非常識な態度を取らないように注意が必要です。優良なブリーダーとは、長い付き合いになります。良い関係を保つためにも、最低限のマナーを守りましょう。