ブリーダー開業に役立つ関連資格と特殊犬猫のブリーダーになる方法

ブリーダー業開業にあたっての一番の懸念事項である収入の不安定さを補うためには、ペット関連の別の事業も並行して行うという方法があります。資格取得にはそれぞれ半年~数年と学習期間が必要になるので、将来のブリーダー業開業に向けて計画的に学習を開始しましょう。

安定して長期間の収入が見込めるトリマー

ペット業界の資格の中でも、トリマーは長期的な継続が可能、安定した収入が見込める、ブランクがあっても復職出来ると人気の資格です。

トリマーもブリーダー同様に自宅開業が可能な仕事なので、兼業されている方もたくさんいます。

繁殖が忙しい時期は、予約の受け入れ件数を抑えるという調整も出来るのでしょう。

トリマーの資格を取得するには、専門学校へ進学をし実習経験を積むことが最も確実な方法です。通信講座での取得も可能ですが、早期開業を目指すならなおのこと実習の経験が必須です。

トリマー資格は民間団体の認定資格なので、学校卒業、履修講座終了時に認定証や終了証の交付があります。開業にあたって必須となる資格要件はなく、自分のペースで開業が可能です。ただし開業にあたっては自治体の開業許可を得る必要があるので、施設工事などを進める前に自治体に詳細を確認しましょう。

特殊な犬や大型犬の繁殖をする場合はドッグトレーナー

特殊な性質をもつ犬、大型犬の繁殖を手懸ける場合はドッグトレーナーの資格を取得しておくと、犬舎の運営がスムーズになり、繁殖した犬の付加価値も上がります。

具体的にはシェパードやドーベルマンなどの特殊な気質を持つ犬種です。これらの犬種は、授乳中の親犬の影響を受け、精神面が成長します。その為、犬舎で過ごす成犬達がどのような状況にあるかがとても重要な意味を持ちます。単に繁殖をすればいいといった安易な考えではいけません。

他にも性格が穏やかだと言われるレトリバー種も同様です。犬舎内で過ごす期間に他の犬の荒々しい生活ぶりに影響され、気質の荒い子犬になってしまった場合、取引の場でも十分な評価を得られないこともあります。

また、自身がトレーナーを開業している場合であれば、販売した子犬のトレーニングを引き受ける事も出来さらに収入を増やすことも出来るようになります。

このようにブリーダーの仕事はとても収入面が不安定ですが、その代わり時間的な融通が利きやすいという面もあります。安定した収入や信頼を得ることに繋がる資格制度は積極的に活用しておくとよいでしょう。

また自身で資格取得が難しい場合は、ペットシッターやペットホテルの開業という方法も収入を安定させるうえで効果があります。これらの仕事は特別な資格制度を必要としない上に、設備面が整えばすぐにでも開業が可能です。

犬舎を運営するためには、常時人手があるという事ですから、非常に効率が良い方法です。最近は、老犬の世話の代行や老犬の受け入れが可能なペットホテルなどのニーズが高まりを見せているのでそのような分野への参入を前向きに検討してもよいでしょう。

ブリーダーの副業は時代と共に様々に変化しています。子犬、子猫の取引価格が下落傾向にある中での開業の場合様々な可能性を検討しておきましょう。

特殊犬猫のブリーダー

ブリーダーを開業するにあたって、希少性の高い犬猫の繁殖を手懸けたい、日本で唯一の犬舎、猫舎になりたいと希望するケースがあります。実は日本でペットとして飼育されているものは概ね100頭ほどの犬種、猫種しかいないと言われています。世界規模で見たい場合、500頭以上の犬種、猫種が血統証発行団体から純血種として認定を受けていますから、日本で飼育されている種別はその中の極一部と言えます。

希少犬種や猫種繁殖の課題は交配

子犬、子猫の取引価格の下落が目立つ中で、希少犬種、猫種の繁殖で付加価値の高い子犬、子猫を輩出し、犬舎の独自性、付加価値を高めるという方法があります。

海外からの輸入なども含め、犬猫の入手方法は様々で、ペットの場合比較的スムーズに日本へ連れてくることも可能です。

希少な犬種、猫種はインターネットを通じて話題になることが多く、独自性を求める飼い主、犬猫に関して非常に博学で国内で飼育頭数の少ない犬種、猫種を探している購入者は驚くほどの高額で買い取ります。

しかしこの様な希少種の繁殖には、必ず交配の難しさが伴います。希少であること、国内での飼育頭数が少ないという事は交配相手が見つかりにくいというリスクがあります。当面は交配が可能でも次第に近親交配に近づき、最終的には兄弟間での交配という必要性も生じます。極度の近親での交配は先天性疾患をもたらすリスクが高まり、販売後のトラブルを引き起す可能性もあります。

繁殖を手懸ける為に、犬舎、猫舎などの設備面を整え、投資を進める場合は、今後の交配手段をどう確保すべきかしっかりと考えておきましょう。

海外の犬舎と交配の取引を行う場合は、一犬舎、猫舎に限定せず複数の取引相手を確保しておくと安心です。海外との取引の場合、突如連絡がつかなくなる、先方が廃業をするという事もあり、代替の依頼先を探すにも現地へ足を運ぶ必要が生じる事もあります。様々なリスクを想定し、万全の体制を整えておくと安心です。

飼育や繁殖には注意が必要な種類もいます

日本と海外では動物に関する法律が異なります。日本では野生動物以外飼育に関する法的な定めがありませんが海外では飼育、繁殖が禁止されているケースもあります。一例はアメリカンピットブルという犬種です。この犬種は日本ではまだ100頭にも満たないほどの飼育頭数です。その為知名度が低く、法的に特記すべき事項としても扱われていません。しかしこの犬種は非常に凶暴性が高く、高度なしつけ訓練が必要です。一見穏やかに見える面もありますが、目の前に獲物を認識すべく対象が現れた瞬間に野生味が強まり、攻撃的な姿勢に豹変します。海外では小型犬、猫はもちろん子供が襲われる事故も相次ぎ一般家庭での飼育が制限されています。このアメリカンピットブルと様々な方法で日本に輸入し、繁殖、飼育を手懸ける個人、ブリーダーもいます。このような特殊な犬種はインターネットでの取引が主流で、ペットショップの店頭に並ぶことは少ないものの安易な繁殖、譲渡は非常に危険です。海外から特殊な犬種を入手するという事はこのように日本では周知されていない情報があることを重々理解したうえで検討する必要があります。