ペット業界未経験からペットブリーダーになるには

ペットに携わる仕事をしたい、愛着のある犬種の繁殖に携わりたいと考えブリーダーという職業を希望した場合、どのような手順、資格、施設が必要になるかを御説明させていただきます。ペット業界未経験でスタートする場合は事前に基礎知識を身に付け、設備準備に十分な時間を見込む必要があります。

ブリーダーに必要な資格要件

ブリーダーとして開業をする場合、法的に必須となる資格要件はありません。

その為、異業種からの転職、自宅開業という方法でもブリーダーとして仕事を始める事が可能です。

ただ犬猫の繁殖という分野は、決まりきったマニュアルがなく、手探りで身に付けることも多々あります。飼育説明書より実務経験の方が役に立つとも言われる分野です。

その為には犬猫の生態、繁殖、病気等に関する基礎的な知識を開業前に習得しておくことが望ましいでしょう。

これらの基礎知識を身に付けるには下記の方法があります。

〇専門分野のある高校、大学へ進学をする

〇専門学校へ進学をする

〇通信講座で学習をする

また大規模な犬舎では、見習いという形で従業員を募集することもあるので実務経験を積みながら知識、経験を身に付けるという方法も可能です。

また、実際の開業にあたっては、開業地域の自治体に届け出を行い、開業許可を得る必要があります。この開業許可取得にあたり、自治体ごとに必要要件(資格や実務経験の期間)を定めているので事前の確認が必要です。

ブリーダー開業に必要な費用、施設

ブリーダーとして開業をし、自治体からの開業許可を得る際は、繁殖、飼育施設の規模、衛生管理についても自治体ごとの取り決めがあります。

この取り決めは、犬猫が健全で衛生的な生活を維持することを前提にした内容です。

自宅開業の場合も同様で、ケージの設置数、換気方法、洗浄場所など様々な条件をクリアする必要があります。

開業にあたって当初の出費予定は下記です。

〇自治体の開業許可取得費用(1~3万円程です。自治体により異なります)

〇サークル、フードなど飼育に必要な備品の購入

〇繁殖用犬猫の購入費用

開業当初は、複数等の犬猫を衛生的かつ健康的に飼育することに手間取ることも多いので、飼育頭数を増やさずにスタートすることが望ましいでしょう。

新たに犬舎を建設する際は、建設前に自治体の要件を確認し設計を検討しましょう。

ブリーダーとして開業後の仕事の進め方

ブリーダーの仕事は単に犬猫を繁殖させる事だけではなく、繁殖した子犬、子猫を売買することで成り立ちます。

売買の価格は季節や流行に左右され大きく変動します。また子犬、子猫が健康なことはもちろんですが、親犬の健康管理、犬舎の衛生管理も価格決定に大きく影響します。

これらの条件を整えたうえで、買い手を見つける必要があります。子犬、子猫の売買の代表的な方法は下記です。

〇ペットショップに卸販売をする

〇インターネットと活用し、購入者に直接販売をする

〇子犬、子猫専門の市場へ出品をする

いずれの方法もそれぞれの手順があるので、繁殖犬猫の出産スケジュールに合わせて事前の調査、見学、商談を行う必要があります。

また、ブリーダーという仕事に獣医師の協力は欠かせないものです。開業にあたって協力を得られる獣医師を数件見つけておくと安心です。

コメントを残す

CAPTCHA