優良ブリーダーと評価される3つのチェックポイント

インターネットの仲介サイトが盛況さを増す中で新規の顧客獲得には既存の購入者からの評価が大きく影響します。

評価や口コミが購入希望者の判断材料となることは犬猫の売買に限った事ではありません。ブリーダー業を安定運営するためにはどのような点が評価にされるのかを知っておくことも大切です。

直接販売では接客態度も多きなポイント

ブリーダーという職業は繁殖した犬猫の売買が成立して初めて収益が生まれます。つまりどんなに良質で健康的な犬猫を輩出しても買い手がつかなければ商売としては成りたたず存続が難しくなります。

この売買を成立させるためには自身からの情報発信だけでなく、客観的な評価を得ることも重要です。

これまで犬猫の売買においてブリーダーは裏方の存在であり購入希望者と直接対面し接客を行う機会はありませんでした。

この役目をペットショップが一手に引き受けていたからです。

しかしインターネットの仲介サイトが盛況さを増す中で、ブリーダーが直接販売をする機会が各段に増えています。

この方法はペットショップを介さないのでこれまでに比べ数倍の利益を得られるというメリットがある反面、ブリーダー自身が接客応対をする必要が生じるようになりました。

接客においては丁寧な言葉遣いやわかりやすい説明、契約書の取り交わしなどの業務が生じ負担に感じることもありますが直接販売という手法を取り入れる以上必須であることを十分に理解し取り組まなければなりません。

どんなに魅力的な犬猫を輩出して良心的な価格をつけても接客態度次第では販売チャンスを逃すことになるので重々承知しておかなければなりません。

犬舎猫舎の見学訪問は無理のない日程時間で設定

インターネットの仲介サイトが利用した場合購入希望者が犬舎猫舎へ訪問し見学をしたり、売買契約を交わすことになります。その際は無理のないスケジュールの中で落ち着いて対応が出来るよう段取りをする必要があります。

犬舎猫舎の運営においては朝夕の食事時や散歩の時間は一番多忙なタイミングな上に犬猫も騒々しく騒ぎ立てます。

見学や契約はこのような時間をさけ、落ち着いた雰囲気の中で十分に時間をかけ進めるべきです。

たとえ多忙な時間、多くの犬猫の世話に理解がある購入者であっても自身の対応をないがしろにされてはブリーダーに好印象を抱くことはありません。

お互いが余裕を持って接することが出来るようにスケジュール調整は丁寧に行うべきです。

購入後のアフターフォローも大切なポイント

犬猫を購入することは人生に大きなイベントです。

そのため購入者は様々なことに戸惑い、不安を抱きがちです。そのような時に気軽に相談が出来る相手がいてくれる事は多いな安心につながり、高い評価の理由になります。

子犬子猫は引き渡し直後はストレスから体調を崩しやすいので、引き渡し後数日経過した時点でアフターフォローの電話やメールを習慣化しておくとよいでしょう。

この時、具体的な対処法や役立つ商品などの紹介が出来るとより効果的です。

ブリーダーだからこそ把握している対処法を紹介することでお互いに強い信頼関係が生まれる上に、購入者も不安や戸惑いから開放され安心して飼育に取り組むことが出来ます。

このような点を意識して直接販売に取り組むことを常に念頭に置いておくことが大切です。