埼玉でペットショップやブリーダーを開業する

埼玉は関東のペット業界において最も繁殖が盛んな地域と言われています。古くからペット専門のオークション開業が設営されている事、東京への出荷がスムーズなこと、敷地の確保が比較的スムーズなことがその理由としてあげる事が出来ます。今後、埼玉で新たにブリーダー業を開業する場合に心掛けておきたい点を事前に確認しておきましょう。

埼玉のブリーダー業界は2極化の傾向

埼玉のブリーダー業界は古くからの手法をそのまま引き継ぐスタイルとここ数年で新たに開業された方とで大きく手法が異なります。

古くからのブリーダーの中には、ニュースでも取り上げられる機会の多いいわゆる悪質ブリーダーや飼育崩壊、劣悪な飼育環境と言われる犬舎も少なくありません。このような犬舎、猫舎は時代の変化と共に犬猫の健康面、衛生面が重要視される中で次第に取引価格が低迷してしまい、運営が大変厳しい状態にあります。

また一方で新たにブリーダー業を開業する方の中には、広い敷地と充実した設備を整え、繁殖だけでなく販売、トリミング、ホテルなど多角的な運営をする事で収入面を安定させている方は多く見られます。これらの新興勢力と言われるブリーダーの多くは、付加価値の高い子犬子猫を輩出することで取引価格を安定させ、運営をスムーズに進めるという計画に基づいています。

付加価値の高い犬とは下記の通りです。

①ドッグショーに参加するほどの血統

②ティーカッププードルなどのようにより小柄な犬種

③新種の猫

④日本でまだ飼育頭数の少ない希少な犬猫

これらを繁殖し、犬舎猫舎を運営するには埼玉は最適な立地環境と言えます。東京、神奈川など首都圏からの交通アクセスもよく、インターネットを活用すれば広い範囲から顧客を集め販売することができるからです。

これまでの埼玉のブリーダーの常識であった、大量繁殖、低価格での販売ではなく、少量繁殖、高価格での販売にシフトしつつあるのです。この変化は単にブリーダーの収入を安定させているだけでなく、犬猫の飼育、繁殖環境の改善にも大きな効果があり大変素晴らしい傾向とされています。

今後、埼玉でブリーダーを開業することを検討し、敷地の確保から着手する場合は、都心部からの交通アクセスの良さもしっかりと検討し、敷地を選ぶと良いでしょう。これからはインターネットでの販売がより盛んになると言われています。近隣居住者、埼玉県内だけでなく広い範囲から顧客が足を運ぶことを前提に開業準備を進めましょう。

販売先の確保が収入安定の鍵

埼玉県でブリーダーを新たに開業する場合は、繁殖した犬猫の販売方法を先に考えておく必要があります。

一般的な販売方法は下記の通りです。

①ペット専門のオークションへ出品をする

②ペットショップと取引をする

③自身でペットショップを開業し、販売をする

④インターネット上に情報を掲載し、販売をする

埼玉には複数のオークション開業があり、常設で運営されています。オークションの開催日、参加条件、費用などを事前に調べ販売方法の一つと考えておくとよいでしょう。ただしごく希少な犬猫の場合、オークションに参加しても期待通りの価格設定にならないことも少なくありません。その為まずはどのような販売方法を取るかを考えたうえで、手掛ける犬猫の種類を考えてもよいでしょう。