大分県でペットショップやブリーダーを開業する

ブリーダーの人気通信講座!活かせる仕事まで丸分かり!

大分県を含む九州エリアはペット業界の中でも最もブリーダー業が盛んな地域と言われています。その為犬舎同士の差別化が進み、より特性のあるスタイルを打ち出すことも必要とされています。以前のように多数の犬猫を飼育し、不衛生な環境で運営をしていてはたちまち悪評が立ち犬舎の存続が難しい状態になる事を承知しておきましょう。

大分県でブリーダー業を開業する場合

大分県でブリーダー業を開業する場合には、まず開業予定地域のブリーダー状況を調査しましょう。すでに同地域内に有名犬舎がある場合や予定している犬猫種と同種のブリーダーが多数開業している場合などには、地域内での水準にも目を配る必要があります。最近はインターネットを活用しブリーダーと飼い主とが直接やり取りをし、子犬、子猫を売買するスタイルが当たり前になっています。このようなスタイルの場合、購入者自身が数軒の犬舎を見学して周り総合的な判断を行います。

判断の基準は以下をあげる事が出来ます。

①価格

②健康状態

③性別

④容姿

⑤サイズ

⑥血統

⑦犬舎の衛生管理状態

⑧親犬の容姿やサイズ

⑨ブリーダーの接客態度

⑩販売後のアフターフォロー

このようなさまざまな項目を比較検討されるので、ブリーダー自身も真摯に繁殖、販売に取り組むことを求められます。

販売にあたっては、ネット上のやり取りだけで完了させる事を法律で禁止されているので、購入前に一旦は犬舎への訪問を受け入れる必要があります。その為、犬舎の衛生管理、繁殖犬のしつけ、健康管理は常に万全の状態に整えておく必要があります。

近親交配に注意が必要

大分県の様に限られた地域内で複数の犬舎が開業している場合、お互いの犬舎同士で交配を請け負ったり、繁殖向きの犬猫を譲渡しあうこともあります。このような状態が数年続くと、気がつかぬ間に近親交配を行ってしまっている場合もあります。

近親交配はブリーダー業界では良血統を輩出する為の手段としてごく当たりまえに行われていた手法ですは、動物愛護の機運や飼い主の血統への知識、関心の高まり、健康な犬猫の輩出という観点から決して好ましい行為ではないとされています。その為、たとえブリーダー業界の定説であっても今後は回避をする必要があります。犬猫の繁殖を行う場合は、3世代前までさかのぼり、近親交配が生じる可能性がないかをしっかりと確認しましょう。

万が一、計画外の交配で近親交配を生じてしまった場合は必ず購入者のその旨を説明し、了承を得たうえで販売、引き渡しをする事を心掛けておく必要があります。

大分県のように同地域内に多数のブリーダーが開業している地域の場合、ブリーダー同士の情報交換がとても盛んです。情報の中には、良い評判もあれば、悪い評判も当然のことながら含まれています。悪い評判が一度広まってしまうと完全に払拭するまでには相当な年数がかかる上に、インターネット上で拡散してしまうと数年経ってもその情報が流布され続けてしまいます。最近は画像が出回る事も多く、不衛生な犬舎やゴミの処理問題などは特に敏感に取り上げられます。競争が激しい地域で開業する以上は、すでに開業している他ンブリーダーの水準を下回る事のないように心がけておきましょう。