宮崎でペットショップやブリーダーを開業する

温暖な気候と敷地の確保がスムーズなことから九州地域はブリーダー業が大変盛んな地域です。その為ブリーダー同士の競争意識も強く、個々のブリーダーが個性と打ち出すことや積極的に営業活動にも取り組んでいます。激戦区である宮崎でブリーダーを開業する場合には単に繁殖を手懸けているというだけでなく、積極的な営業にも取り組むことが必要です。

宮崎では積極的な営業活動が必要

宮崎は気候が温暖な上に、交通の便もよくブリーダー業が大変盛んです。関東や関西といった遠方から大手ペットショップの担当者が買い付けに足を運ぶことも多い地域で、ブリーダーとして真摯な姿勢で運営を続けていれば、しっかりとしたビジネスとして成功させる事が出来ます。

ブリーダーの仕事は、犬猫の体調に大変多くの影響の受ける仕事で、安定した商品の供給が出来ません。商売をするうえで商品となる子犬、子猫の誕生は決して計画通りに進まない上に、取引の場においても希望通りに交渉が進まないことも多々あります。その為ブリーダーは自ら積極的に営業活動を行い、ビジネスのチャンスを逃すことのないように取り組む必要があります。

ブリーダーが営業活動に活用すべき項目は以下の点です。

①犬猫の出産状況

②市場の人気犬種

③市場の取引価格

④出産予定

⑤自身の犬舎で輩出した犬猫のその後の活躍情報

これらの情報を積極的に活用することがブリーダーにとっての営業活動になり、チャンスを生かすカギになります。

インターネットを活用すべき宮崎のブリーダー

宮崎はブリーダーの開業軒数が多い地域で、中には老舗と呼ばれる犬種やドッグショーで常に入賞を果たす有名な犬舎も多数あります。

新規でブリーダー業を開業する場合は、競合相手として大きすぎる存在といえるでしょう。その為新規で開業をする場合は積極的に情報発信を行い、チャンスを逃がさないことが基本です。例えばインターネットの仲介サイトでは、ブリーダーのプロフィールなども或る程度は掲載が可能ですが、数百名のブリーダーが皆同じ書式で掲載を行うので、購入希望者が閲覧をした場合皆同様に見えてしまうものです。その為犬舎独自の取り組みやいかに犬猫を大切に扱っているかが思う様に伝わりきれないものです。このような差別化が難しい環境では、差別化をし自身の犬舎をアピールする方法として価格競争に走ります。他犬舎よりもさらに安く、良質な血統の犬猫を驚くほどに安くと価格を下げ続ける事で、今度はごく平均的なレベルの犬猫の価格を更に下げなければならない状況に陥り、結果的には赤字ラインぎりぎりかもしくはペットショップとの取引価格と同等とまで値下がりをする事になります。インターネットを通じた仲介サイトは、利益幅が大きい分、ブリーダーが担う責任や業務が増えます。周りの流れに同調し、悪循環に陥ってしまうのではなく自身の営業方針をしっかりと見極めましょう。インターネットを利用する場合も自身のホームページの作成などの手法も積極的に取り入れることでより多くの情報を発信することが可能になります。現状で即販売可能な犬猫がいなくても今後の出産予定や犬舎に飼育する犬猫の情報の発信も可能になります。ぜひ上手に活用をし積極的な営業活動を行いましょう。