専門学校卒業後のブリーダーへの就職希望

ペット関連の専門学校が全国に多数開校されている上に、高校や通信講座でもペット関連の勉強ができる中で、卒業後の進路にブリーダー業を希望する学生も多数います。特別な血統の輩出に携わりたい、子犬子猫に囲まれて生活をしたい、絶滅が危惧されている日本犬の保存に取り組みたいなどその理由は様々です。

就職先紹介は狭き門

専門学校、高校に在学している場合、卒業後の進路は学校からの紹介、斡旋を考えますが、ブリーダーからの求人案件は非常に数が少ないものです。ブリーダー業に就職を希望の場合は、卒業見込み時期が決まり次第、自身で積極的に就職活動をする必要があります。

ブリーダーの仕事は、朝夕の食事、散歩、清掃の時間は非常に忙しいものの、日中は比較的手が空くもので、なかなか固定給で人材を確保することが難しいものです。その為求人も一日数時間のアルバイトや季節、時期限定の内容が多く見られます。

ただし将来自身で独立し犬舎を持ちたい、ブリーダー業を開業したい、ドッグショーへ参加をしたいと考えている場合には、実地で経験を積むことは必須要件です。その為一般的な就職形態とはことなるものの見習いと考え就職をするという方法は良いでしょう。

ただし収入面、待遇面は決して恵まれた条件にはならないことを承知しておく必要があります。もちろん休日も週休2日制、週末が固定給という条件も望めません。生き物を扱っているのですから、毎日食事や散歩が必要になる上に、出産の時期であれば夜間も付き添いが必要になることもあります。このような状況で仕事をするという事は、非常に厳しいものですが、将来の独立にはきっと役立つでしょう。

不足してしまう収入面を補う方策を考えておく

ブリーダーに就職をした場合収入面は非常に厳しく、開業資金を貯めるのは難しいでしょう。その為、専門学校、高校、通信講座を受講している間にしっかりとペット関連の資格を取得しておく必要があります。

将来役立つ資格は下記の通りです。

①トリマー

②トレーナー

③ペットシッター

これらの資格は将来ブリーダー業を開業した後も副業として運営することが出来、収入面を安定させるのに大いに役立ちます。

ブリーダー業開業を目指していたものの方向性の違いから転職を考える場合、事業規模を拡大したい場合、しばらく休職期間をもうけ将来復帰をしたい場合など資格を持っている事は強みになります。

ペットに関する資格は、獣医師資格以外すべて民間団体の認定資格です。その為、短期取得が可能な資格や通信講座で取得出来る資格、夜間通学可能な専門学校などもあります。将来の進路は幅広い視野で考え、様々な可能性をもっておくとよいでしょう。

またブリーダー業、ドッグショーの世界に興味関心がある場合は、就職活動の前に各地で開催されるドッグショーへ足を運んでみましょう。日ごろ目にするペット用犬猫とは異なるショーレベルの犬猫を目にする事が出来ます。参加者と話しをする機会を積極的に持ち、将来同じ舞台で活躍をする場合にどのような手順を踏めばよいのか教授を受けてもよいでしょう。

ブリーダーという仕事には参考書や書面でのマニュアルがありません。自身の経験と知識ですべてが成り立っている世界です。安易に施設を設け、犬猫を繁殖させるだけでは決して成功しないプロの世界であることを承知しておきましょう。