岡山でペットショップやブリーダーを開業する

岡山県は非常にブリーダー業が盛んな地域で、インターネットの検索でも多数のブリーダーを見つける事が出来ます。岡山は大規模なブリーダーを開業するにも十分な敷地を確保することも出来、複数の犬種を手懸ける方が多く見られる地域です。

岡山でブリーダーを開業する場合

岡山では敷地の確保、施設の確保がスムーズに進むので、開業直後から比較的大規模なブルーダー業を営む方が多く見られます。

大規模なブリーダー業を開業するメリットは、出産頭数が多く見込める分、大きな収入を見込むことができる点です。また流行の犬種の繁殖を手懸ける場合は一度に多数の子犬、子猫の出荷が出来るので流行を逃すことなくビジネスを展開することも出来ます。

中には犬猫両方を手掛ける方や大型犬、希少種と大規模な敷地で繁殖する方もいて、ペット小売業界でも注目されている地域です。

ただ一方で大規模なブリーダー業を運営するという事は運営に必要な人手の確保や経費の支払い、繁殖可能な時期を過ぎた犬猫の飼育といった課題も大きな規模で生じる事を承知しておく必要があります。流行に合わせて同年代の犬猫を一気に飼育開始してしまうと、同時期に繁殖可能時期を終える事になるので、その後の飼育に関してはしっかりと計画を立て、飼育資金の捻出方法も考えておきましょう。

岡山だけでは販売網が不足しています

岡山でブリーダーを開業する場合は、繁殖した犬猫の販売先についても開業前にある程度の目途を付けておきましょう。岡山はブリーダーの軒数は非常に多いものの、小売りを行う店舗は小規模な物が多く、大手ペットショップチェーンの出店も少ない地域です。自身で繁殖を行って犬猫を地域のペットショップに買い取りを依頼するという方法だけでは、希望にあった収入にはつながらないでしょう。特に希少種や良血統な犬猫、高品質な個体というように高額な取引を希望する場合、買い手がつかないことや地域の価格相場に合わせた取引を提示され思うように取引が進まないこともあります。その為、岡山でブリーダー業を開業する方の多くはインターネットを活用したブリーダー直販システムを活用されている方が多数います。

この方法は、インターネットを通じて飼い主となる家族と直接やり取りが出来、ペットショップやオークション主催企業といった中間業者を省く事が出来るので取引価格がほぼ店頭販売価格と同額になります。中間業者との取引に比べ数倍以上の値段が付く事も度々あります。岡山に限定せず幅広い地域で飼い主を捜すことができるので、希少種や大型犬、降雨品質な犬猫の売買もスムーズに進み、希望にあった価格で取引を進める事も出来ます。この方法は収入面ではブリーダーにとって大きなメリットがありますが、一方でブリーダー自身が顧客応対、飼育説明、繁殖した犬猫の健康管理の責任を負うことになります。特に飼育説明は法律で定められている義務でもあるので、しっかりと行う事が必要です。遠方に在住の場合や空輸での取引や車での配達など特別な手間がかかることもあります。その為中間業者と取引をする際には必要のない手間が生じることは事前に承知し、スムーズに運営できる人手の確保が必要です。