広島でペットショップやブリーダーを開業する

広島は非常にブリーダー業が盛んな地域で、多くのブリーダーが直販という方法を取っています。インターネットを活用する場合もあれば、自身で店舗を設けているケースも多く、新規で開業をするには参入が難しいと感じる面もあるでしょう。ブリーダーの開業に関する情報はなかなかインターネットだけでは収集がむずかしく、近隣の競合状況を把握出来にくいものです。しかし激戦区だからこそ、開業前にしっかりと競合調査を済ませておきましょう。

熱心なブリーダーが多い広島

広島は関東、関西といった地域と異なり大手ペットショップが多数出店している地域ではありません。しかしブリーダーの開業軒数は非常に多く、多数のブリーダーが開業をしています。最近ではインターネットの直販サイトが一般的に普及した事を受け、これまでのように広大な敷地を確保し、複数種の犬猫や流行犬種を都度繁殖するというスタイルのブリーダーは減少し、特定の一犬種にしぼって繁殖をする、特別な付加価値をつけた繁殖をする、希少種の繁殖をするというように変化している様子が見えます。これは数年前に比べ子犬、子猫の取引価格が減少傾向にあり、ブリーダー業だけでは生活が立ち行かなくなった事に関係しています。不特定多数の犬猫を一時期に集め繁殖をするという事は、数年後に一斉に繁殖可能期間を終えるという事です。繁殖可能な期間を終えた犬猫はその後10年以上の終生飼育義務の中で相当な費用が掛かり犬舎運営にとって大きな負担となります。その為、少数、単一犬種猫種に限って繁殖をし、付加価値の高い取引を行う方がより効率がよいのです。流行犬種を繁殖し一頭2,3万円で取引をするよりも、付加価値の高い犬猫を20万円で取引をする方が理想的という事です。

広島で付加価値を高める努力をする

広島で繁殖をした犬猫は関東、関西、九州と広範囲に取引先を持つ事になり、それぞれの地域ごとに取引相場が異なります。取り引き相場が最も高いのは関東ですが、その分競合ブリーダーも多く、より付加価値を高めておかないとかえって赤字に終わる可能性もあります。

付加価値を高める方法には以下をあげる事が出来ます。

①ワクチン接種などの健康管理を徹底する

②衛生的で広い犬舎で繁殖に取り組む

③良血統の輩出につながる様に交配の組み合わせを管理する

④希少種の輩出を念頭におく

⑤授乳期の栄養状態を万全にし、発育の良い犬猫に育てる

子犬、子猫の取引において何より重要視されるのは健康状態です。この時期の健康状態の良し悪しは犬舎の衛生管理と大変密接な関係にあります。健康状態の悪い犬猫を出荷したり、購入希望者に引き渡しをするという事は、自ら悪評を広めている事と同じことです。子犬、子猫の成長はとてもスピードが早く、出荷時期や高額での取引につながる時期はごく僅か短い期間です。その為多少の悪条件であれば無理をしてでも出荷をと考えてしまいがちですが、一旦広まった悪評はなかなか払拭することができないものです。取り引き相場が高額な関東の企業との取引を継続し、付加価値を認めてもらう為にも子犬、子猫の健康管理、犬舎の衛生管理は常に万全の態勢と整えておきましょう。