悪質と言われるブリーダー業界の背景

ブリーダーを稼業にする場合、どのような信念や体制を整えていても日本では「悪質」という印象をもたれがちです。しかし動物愛護法の制定後は次第にペット業界も法整備が整い、以前のような悪質な事例は減少傾向にあります。悪質と言われるに至った背景を知っておくこと、そして自身の犬舎を真逆な立ち位置におく事も開業、運営にあたって心がけておく必要があります。

悪質と呼ばれた背景「保険所への大量持ち込み」

ブリーダー業が悪質と呼ばれる背景には、日本独自の子犬、子猫の売買システムが関係しています。日本は先進国で唯一と言われるほどに独自の販売システムを取っています。そのシステムとはペットショップの店頭で不特定多数の顧客に犬、猫を販売するシステムです。先進国を呼ばれる諸外国でペットショップというと、ドッグフードや消耗品を販売する用品販売がメインです。ペットホテル、トリミング、動物病院などの併設はあるものの、日本のような生体販売制度はありません。国によっては日本のような販売制度を禁止している国もあるほどです。

その為、日本の制度は非常に特異と言えるでしょう。日本独自の販売システムにおいては、より効率的に流行の犬種、猫種を輩出し、最も高額で取引出来るタイミングで販売をする事が求められます。その為、犬猫の健康管理、衛生管理は度外視されてしまいがちです。特に繁殖可能な時期を過ぎた犬猫を終生飼育するという概念をもたないことが多く、繁殖に用いる時期は劣悪な衛生環境の元で飼育し、繁殖が不可能になった時点で保健所へ殺処分の為に持ち込むというブリーダーが急増しました。その結果、日本の殺処分件数は世界最高レベルと言われるほどに急増したのです。このような社会的な動向がブリーダーが悪質と言われる理由になっています。

劣悪な衛生管理、飼育崩壊

飼育崩壊という言葉がニュースで取り上げられ、一般的に知れ渡るようになったのも、ブリーダーが原因と言われています。より多大な利益を求める為、流行の犬種を短期間で一斉に輩出をするために繁殖用の犬猫を過剰に入手し、一斉に交配、繁殖をする。犬猫の健康管理を度外視し、中には一年に2度、3度の出産をさせるブリーダーも少なくありません。

当然のことながら過剰な頭数まで増やした飼育犬猫達は、十分な散歩や運動、給餌を受ける事なく、狭いケージに押し込められ数年も過ごします。中には、数年間に渡り日光を浴びる事無く生活をしたせいで、自力歩行ができない程に筋力が低下してしまうケースも少なくありません。もちろん犬舎、猫舎内は糞尿にまみれ、悪臭を放っています。このような状態にあっても尚のこと流行犬種猫種の輩出を追い求め、無理な繁殖をつづけます。最終的には過剰なまでに増えてしまった犬猫の飼育が出来ず、糞尿にまみれた施設と騒音トラブルが残ります。このような状態を飼育崩壊と呼びます。中には自宅開業でブリーダー業を開業し、その後飼育崩壊を起こしたことで、自宅自体が生活不可能な状態に陥るケースも少なくありません。

乱繁殖による血統の乱れ

ブリーダーが悪質と呼ばれる背景には、無理な繁殖、過剰な出産回数、安価な犬猫を繁殖に用いる事で、乱繁殖と呼ばれる問題も関係しています。本来の骨格や健康、特性を無視した繁殖は様々なトラブルの原因となっています。