愛犬の死でペットロスに…その克服法とは?

近年ペット愛好家の中で深刻になっているのがペットロス。ペットロスは人間とペットがより近しい間柄になったことで起こりやすくなり、飼い主の気持ちだけではなく健康にも被害をもたらすことがあります。ペットロスを克服するにはどうすればよいのでしょうか?

そもそもペットロスとは?

ペットロスとはペットがなんらかの理由で亡くなり、その悲しみで起こる症状のことです。ペットが亡くなって悲しむこと自体は問題がありませんが、その状態が長引くことでうつ病や不眠症といった精神疾患が引き起こされ、それに伴って仕事・勉強にやる気が出なくなるといった日常生活に支障が出たり身体的疾患が起こったりする可能性があります。

ペットロスを克服する方法

ペットが亡くなっても自分のせいにしない

ペットロスが長期化する原因には、ペットの死を自分のせいにすることが挙げられます。近年ペットの寿命が上がった分、主な死因が病死になっています。そのため、ペットの様子がおかしく動物病院に診てもらったけどもう手遅れだった・看護や介護の甲斐もむなしく亡くなってしまったということも。そうすると飼い主は「もっと普段から注意していれば良かった」「あの時こうすれば死なずにすんでいたのでは?」と思い込み、自分を責めてしまいます。後悔しても既にペットが亡くなってしまっているので、行動を起こすことができずずっと後悔に気持ちがぬぐえず、ペットロスが長続きしてしまいます。しかし死は生き物であれば必ず迎えるものであり、ペットの死の直接的要因が飼い主では無ければ責任はありません。死の直後は後悔の気持ちしか浮かばないかもしれませんが、本当はペットを幸せにしてあげたこともたくさんあるはずです。後悔を多少はしても良いですが、あまり自分のせいにしないようにしましょう。

新しいペットを迎える

ペットが亡くなってすぐはその悲しみを二度と味わいたくないという気持ちから「もう動物は飼わない」と思う人は多いはず。しかしずっと亡くなったペットの思い出を思い出したり後悔したりして過去だけに囚われるのは自分自身によくありません。新しくペットを迎えれば、お世話やしつけなどに忙しくなり亡くなったペットのことまで考えられなくなったり、亡くなったペットとの楽しい思い出がよみがえたりすることがあり、気持ちを前向きにすることができます。新しくペットを迎える以外にも、趣味に没頭したり仕事に打ち込んだりするといった方法も効果的です。とにかく沈んだ気持ちを抑えるためには、何か行動を起こして気持ちを沈ませないようにしましょう。

ペットロスになる前に

ペットの死に備えておく

死は生き物であれば必ずやってきます。動物はだいたい飼い主よりも先に亡くなるので、その事実をあらかじめ受け止めてペットとの生活を後悔しないようにしましょう。

ペットを看取る

現在は昔よりも死が身近ではない分、ペットを看取るということはかなりつらいことかもしれません。しかしペットとの時間を最期まで一緒に過ごすことでペットの死を受け入れ、またペットを寂しくさせずに最期を迎えさせることができたということでその後のペットロスを軽減させられるかもしれません。