沖縄には大規模ブリーダーの激戦区

ブリーダーのおすすめ資格!

沖縄と言えば観光業が盛んなイメージがありますが、ペット業界においては非常に大規模なブリーダーが多い地域という印象が強い地域です。沖縄には副業でペットブリーダーを手懸ける方が多く、取引には飛行機を使い関東や東北といった遠方との取引も盛んです。

沖縄でブリーダー業を開業する

沖縄は敷地や施設の確保がスムーズに進むこともあり、地元で産業を営む傍ら副業としてブリーダー業を営む方が増えています。

同一犬種を複数ペア飼うというスタイル、複数の犬種を飼うというスタイルと様々ですが、小型犬を中心に手掛ける方が大半です。

また交配は近隣犬舎に有料で依頼するよりも、自身の犬舎でオス、メスの両方を飼育し、自犬舎内で賄う傾向が強い地域です。

沖縄はブリーダー業が非常に盛んな反面、ペットショップの軒数は非常に少ない地域です。繁華街は観光客が多く、地元住民を対象としたペットショップの運営は難しいからでしょう。

このような背景の元、ブリーダー業を新たに開業する場合、まず取引先の確保が最優先課題です。地元だけでは十分な収益が見込めないので、九州、大阪、関東と言ったペットの販売が盛んな地域との取引が前提になります。

開業にあたって取引先を見つけるには下記のような方法がお勧めです。

①HPを作成し、取扱犬種、犬舎のポリシーなどをアピールする

②大手ペットショップに開業の挨拶を送付する

③繁殖犬の妊娠が確定した時点で、取引先候補に出産予定の案内を送付する

④すでに開業をしているブリーダーから紹介を受ける

取り引き先によっては独自の取引規約、健康管理、衛生管理におけるルールを設けている企業もあります。中には定期的に取引先である犬舎を巡回し、取引規約が守られているかの確認を行うこともあるほどです。

動物愛護法の制定に伴い、これまでのように安易は繁殖、不衛生な犬舎環境、健康管理の不徹底は看過されない状況になっています。

必ず犬舎の体勢を整え、取り交わした規約は必ず守るよう徹底をしましょう。

取引にかかる費用を事前に把握しておく

沖縄でブリーダー業を開業する場合、取引先は九州、大阪、関東と遠方になります。大規模な犬舎を運営し、年間を通じて相当数の子犬、子猫の輩出がある場合、大手ペットショップと取引契約を交わし、年間を通じて買い取りを依頼出来ることが望ましい体制です。

特に関東の業者との取引は、地元沖縄での取引に比べ倍以上の価格はつく事もありぜひ確立しておきたい取引先です。

このような遠方との取引には、事前に把握しておくべき項目があります。

①送料

(陸送、空輸などさまざまな方法を組み合わせ、取引先へ子犬、子猫を届けますがその際の送料について把握しておく必要があります。あまりに送料が嵩む場合、収益を圧迫することもあるので注意が必要です)

②輸送中の気温管理

(健康状態がデリケートな子犬、子猫を輸送する際は夏の暑さ、冬の寒さへの対策が必要です。長時間の移動で体調を崩してしまった場合、取引が成立せずに返品になることも少なくありません。ベストな輸送方法を講じておく必要があります)

まだ取引経験が浅いうちは、どのような工夫が必要か戸惑うものです。そのような場合は取引先に事前に確認をし、他犬舎の工夫方法などの指導を受けるとよいでしょう。