熊本でペットショップやブリーダーを開業する

九州は温暖な気候と広大な敷地の確保がスムーズなこと、様々なビジネスが盛んなことからペット関連事業に関しても大変盛況です。中でもブリーダーの開業軒数は全国的にみても九州地域が最も多く登録されています。その為新規でブリーダーを開業するにあたって子犬、子猫の買い取り先を探すことも比較的スムーズに進める事が出来ます。

熊本で新規にブリーダーを開業する場合

新規でブリーダーを開業する場合、まずは繁殖に適した犬猫の入手から始めます。この時、どの犬種、猫種を扱うのかは非常に大切で、近隣の開業状況や取引相場などをしっかりと見極める必要があります。犬猫を飼育するという事は、10年、15年という長い年月終生飼育の義務が生じるという事ですから、自身の余力の範囲で手掛ける事の出来る頭数を維持することが基本です。流行に乗って一度にたくさんの犬猫の飼育を開始してしまうと、気がつけば流行が終わってしまうこともあり、その後には買い取り価格の下落、引き取り手がない犬猫が犬舎に多数残ります。この結果、飼育費用がかさむ一方で犬舎の運営維持が家計を圧迫しかねない状況に陥ります。

新規で開業をする時は、まずは2,3頭の飼育から開始し、犬猫の繁殖と自身の生活のリズムを整えて、取引先の契約や備品の仕入れなど犬舎運営が軌道に乗ってから頭数を増やす、施設を拡大するなどの計画を立てましょう。

ブリーダー業と兼業でペットショップを運営する

今、多くのブリーダーが抱えている悩みは、子犬、子猫の取引価格が下落してしまい繁殖を行っても赤字になってしまうことがあり、繁殖可能な時期を過ぎた犬猫の飼育費用の捻出が出来ないことです。

この流れを受け、ペットショップやオークション主催企業との取引を止め、自身でインターネット仲介サイトを利用した直販という方法を取る犬舎も増えていますが、あまりの登録情報の多さになかなか成約に結び付かないという新たな悩みも増えています。

熊本でブリーダー業を開業し、ペット業界専業で仕事を続けていきたいと考えている場合は、自身で店舗を構えるという方法もよいでしょう。

営業内容は以下の通りです。

①子犬、子猫の販売

②トリミング

③ペットホテル

④ペットシッター

⑤しつけ教室

⑥商品の販売

いずれも犬猫を飼育する生活の中で必須となるサービスです。子犬、子猫の販売だけでなくその後の生活に必要となるサービスを提供し続ける事で、顧客とのつながりを維持することが出来、口コミで評判が広がるものです。また繁殖は季節や犬猫の体調に左右される上に、無事離乳を終えるまでは収入につながる確約もありません。しかしトリミングやペットホテルであれば開店後しばらくすると顧客が固定化し始め、或る程度の収入の目途を立てる事が出来るようになります。収入が安定することは、自身の精神的余裕に繋がり、犬舎運営もスムーズに取り組めるようになります。トリミングやペットホテルの繁忙期には、一時的に犬舎の犬猫の世話を短期採用のアルバイトに依頼をしてもよいでしょう。事業を拡大することに不安がある場合でも、しっかりと計画を立て、犬猫の世話を第一に考えておくと次第にスムーズな運営が出来るようになります。