犬と猫を同時に飼うコツとは?

犬と猫はペットとして最も人気のある動物であり、どちらも好きで一緒に飼ってみたいという人もいるでしょう。しかし犬と猫を同時に飼う上では知っておかなければならないことがあり、間違えた方法だと大変なことになるかもしれません。

犬と猫を一緒に飼う上で知っておくこと

なるべく犬を先に飼っておく

犬と猫は当然違う動物であるので、その習性も異なります。犬は集団で生活する習性があるため、自分のテリトリーに他の動物が来ても比較的受け入れてくれます。一方猫は基本単独行動をし、縄張り意識が高いので後から家に犬が来るとなかなか受け入れてくれません。そのため、犬と猫を同時に飼い始められない場合は犬を先に飼い始め、成犬になってから猫を飼うのが良いでしょう。

なるべくどちらも小さい頃から一緒にさせる

動物は小さい頃は好奇心旺盛で何でも興味を持ち、また社会性を身につける時期でもあります。そのため子犬と子猫のときに一緒に過ごしているとお互いのことを受け入れ、成犬・成猫になっても仲良くしてくれます。また成犬であれば子猫が途中でやって来てもある程度受け入れてくれますが、成猫だと犬をあまり受け入れてくれないので注意しましょう。

犬と猫の相性を考える

どちらかを先に飼っていたら先住の子の性格を優先的に考えないといけません。相性の良さというのは活発かおとなしいかという活動量である程度わかります。例えば先住犬が遊び好きでいつも動き回っているなら、同じように活発で遊び好きな猫を、逆におっとりとしていていつも横になっているなら、同じように寝るのが大好きな子を選ぶと良いでしょう。相性が良くないとどちらかが一方を縄張りから排除しようと襲う可能性があり、そうなると別々の部屋で飼わないといけなくなります。

犬と猫を仲良くするコツ

初対面させる前に互いの匂いを嗅がせる

犬も猫も視覚よりも嗅覚で世界を見ているため、対面させる前におもちゃなどについた互いの匂いを嗅がせておくと良いでしょう。事前に匂いを嗅がせておくことで、対面した時にお互いの匂いが嗅いだことがある匂いであるため、あまり警戒せず穏やかな状態で対面することができます。また対面時はエサの時間に行っていくと、お互いに害のない存在だと認識し、近くで食べていても互いに気にしなくなったら成功です。

エサは別々の場所におく

犬と猫のエサを同じ容器に入れておくと、どちらかが一方のエサを横取りして喧嘩をし、また栄養失調や肥満になる可能性もあります。そのため犬と猫には別々の場所で与えるか、猫のエサを高い場所におくと良いでしょう。特に猫でしかいけないような高い場所にエサをおくことで、犬は横取りしたくてもできなくなるので、無用な喧嘩と食べ過ぎを予防することができます。

十分な運動をさせておく

犬に散歩などの運動をさせておかないとエネルギーがあふれかえってしまい、猫を追いかけ回してそのエネルギーを発散させようとしてしまいます。そうなってしまうと猫は犬のことを怖がり引っかいたり自分のテリトリーから出なくなったりしてしまいます。犬と猫を仲良く過ごさせるために、毎日の散歩はもちろんおもちゃで遊んであげると良いでしょう。猫も同様にキャットタワーで上り下りをさせたり、猫じゃらしなどで遊ばせたりしておくと犬に必要以上にちょっかいをかけることはありません。