犬のブリーダーとペットショップ選びに関するポイント3選

犬を飼う際の選択肢として、ブリーダーとペットショップ、里親などもあります。
しかし、里親の場合は条件が厳しい場合も多く、必然的にブリーダーかペットショップになってしまうという方も多いはず。
どちらから購入すべきなのか迷っている方のために、ブリーダーとペットショップそれぞれのメリットデメリットを3つほど紹介します。

欲しい犬種に関するポイント

ペットショップでは、様々な犬種のブリーダーと契約しているため、探している犬種と出会いやすいというメリットがあります。
ペットショップに出向くだけで、店頭の子犬と触れあうことも可能。
ペットショップは、生命保証をつけていたり保険代理店となっている場合が多く、安心感もあります。さらに、飼育に必要なグッズを揃えることも出来るため、時間の節約にもなるでしょう。
ブリーダーから迎え入れる場合、欲しい犬種を扱うブリーダーを探すところから始めなければなりません。
また、生命保証や保険代理店となっているブリーダーは数が少ないともいえます。
欲しい犬種が明確に決まっており、その犬種の中から好みの子犬を迎えたいという考えの場合はブリーダーがおすすめです。

悪質なブリーダーに加担してしまう可能性

ペットショップで販売されている子犬をブリーディングしているブリーダーの中には、悪質なブリーダーも多く存在しています。ペットショップに卸す目的だけのために、無理な繁盛をさせているブリーダーが増えているのです。
ブリーダーには2種類存在しています。ペットショップに卸すことを専門とするブリーダーと、ブリーダー自身が直接販売しているといったブリーダーです。
ブリーダーから直接購入をする場合、犬舎に出向き対面することで購入ができます。
購入者は犬舎の見学を行うため、直接販売を行っているブリーダーの方が、悪質なブリーダーが少ないともいえます。
ペットショップで購入する場合、卸す目的だけでブリーディングを行っているブリーダーに加担することにもなり得るということも、認識しておきましょう。

見極め方

ブリーダーとペットショップ、どちらで購入するとしても悪質なペットショップ、悪質なブリーダーから購入しないことが大切です。
ペットショップであれば、 ゲージ、お店全体の清潔感を確認します。
次に子犬の健康面などを質問し、明確な回答をしてくれるかという点をチェックしましょう。また、無理に売り付けようとする姿勢ではないかを確認することも大切です。
ブリーダーは、犬舎の見学で子犬だけと対面させる、親犬や飼育環境を見ることが出来ない場合には注意が必要です。
基本的に、感染症などを懸念している場合には子犬との触れあいも制限させる場合があります。
子犬とは触れあうことが出来るのにも関わらず、親犬や犬舎内の見学が不可ということは不自然です。
犬舎見学の際に、ブリーダーの対応を確認しましょう。

焦らず納得した上で購入を

納得が出来るような説明や対応のある所から、子犬の購入をしてください。少しでも不自然に感じたり、不信感を抱いた場合には購入を止め、優良なペットショップやブリーダーを探しましょう。