犬をゲージに入れて飼ってもいいの?

昔は犬を外で飼っていた家庭がほとんどでしたが、現在では室内飼いが一般的に。しかしそうなるとゲージに入れるかどうか悩むことがあります。

ゲージ飼いのメリット

ゲージに犬を入れることで安全を確保できます。犬を室内飼いしているといたずらをして家具を壊したり異物を飲み込んだりすることがあります。また犬によっては来客に吠え襲い掛かることもあるので、犬だけではなく人の安全も確保することができます。また日頃からゲージに慣れていると、旅行や動物病院に行く時にゲージに入れるのが楽になり、また犬のストレスを軽減させることができます。
ゲージに入れるというと「犬を閉じ込めることになり、かわいそうではないか?」と思われるかもしれませんが、犬には自由に家の中を動き回らせるだけではなく、安心できるスペースも必要であり、そういった場所としてゲージが最適です。特に大型犬だと悪意がなくても力が強く、家で走り回っていると家具を壊したり倒したりしかねないので、外出中などに入れておく方が、家が荒らされないだけではなく、犬が怪我をするのを防ぐことができます。

ゲージ飼いのデメリット

ずっとゲージに入れたままにしておくと、犬は動き回ることができず、運動不足になることがあり、またストレスを与えてしまいます。ゲージはあくまでも寝床であり、長期間閉じ込めておくものではありません。またゲージはどんな大きさの犬種であってもある程度の広さのスペースが無ければ置くことができません。ゲージは犬が過ごす場所になるので、どうしても抜け毛や臭いなどがついてしまいます。きれいにしておかないと犬が不潔になるだけではなく、病気になる可能性もあるので、こまめに掃除する必要があります。

ゲージ飼いをするときの注意点

ゲージにトイレは入れない

ゲージは犬にとっての寝床です。犬は習性として寝床の近くではトイレをしません。売られているゲージを見ると中にベッドとトイレがついているものが多いですが、これは日本独特の売り方で犬にとってあまり良いレイアウトではありません。ゲージの中にはトイレを入れないようにしましょう。

ゲージに慣らしてから入れる

ゲージの慣らしは子犬の頃は比較的簡単ですが、成犬になってから慣らすのは少し難しくなります。一番やってはいけないのが無理やりゲージに押し込んで閉じ込めておくことで、こうしてしまうと犬はゲージを怖い場所と思い込みますますゲージに入れるのが大変になります。ゲージに慣らすにはまずゲージの扉を開けたまま犬が自分で入るまで待ちます。もし入ってくれたらすぐにほめておやつをあげます。その後ゲージに入る度に「ハウス」と言っておやつをあげていると、犬は「『ハウス』と言われてここに入るとおやつがもらえる」と学習して自然と入るようになります。

ゲージの選び方

ゲージの大きさは飼う犬の大きさによって異なります。小型犬であれば組み立てが簡単な折り畳み式のものでも大丈夫ですが、中型犬以上になるともっと頑丈な木製のものが必要になります。またゲージには屋根付きと屋根なしがありますが、屋根がないと犬がゲージから飛び出すことがあり、屋根付きを買うのがおすすめです。大型犬だとパワーがあり簡単な作りのものだと壊したり倒したりすることがあります。その場合は重量があり床に固定できるものを選ぶと良いでしょう。