犬を飼うのにエアコンは必要?

犬に限らず動物を飼っている時に重要になってくるのが室温調整です。動物によっては一定の温度にしておかないと命にかかわるものもいて、犬も例外ではありません。特に夏は人間にも犬にも厳しい季節であり、室温調整は欠かせません。そこで問題になってくるのがエアコンの利用です。犬を飼っていてエアコンは必要なのか、また必要であればどのように使えば良いのかを説明していきます。

そもそもエアコンは必要なの?

日本の夏の暑さ対策の代表格がエアコンの利用ですが、犬を飼う上でもエアコンは必要なのでしょうか?これは飼っている犬の犬種・毛の長さ・住居・住んでいる地域によって異なります。犬に関して一番わかりやすいのは毛の長さです。当然毛が短い方が暑さに強く、エアコンがなくても平気かもしれません。しかし毛が短くても原産が北方である犬種もおり、一概には言えません。また南方原産で暑さに強い犬種であっても、日本の蒸し暑さにはかなわないという場合もあります。住居によっても暑さの程度が異なります。普通上階であるほど暑くなり、また風通しが良くないと窓を開けていても涼しくなりません。住んでいる環境が高地など涼しい環境だと窓を開けるだけで十分な地域もありますが、盆地や都市部など窓を開けても全然涼しくならないという地域もあります。そのためエアコンがいるかどうかはケースバイケースになるので、自分の犬と住居、周りの環境をよく踏まえて決める必要があります。

夏場のエアコンの設定温度はどのくらいにしたらいいの?

犬は人間と違い汗をかいて体温を調整できず、息をはくことで体温を調整しています。そのため、エアコンの設定温度は人間が快適に過ごせる温度よりも数度高くすると良いでしょう。また昼間犬に留守番をさせる場合は約25℃~26℃、夜は自分が寝苦しく感じれば昼間よりも高く設定して利用すると良いでしょう。ただし冷房が効きすぎていると、子犬や小型犬など体格が小さい犬だと体温が下がりすぎて下痢を起こすことがあるので注意してください。

エアコン代はどのくらいかかる?

エアコンの利用状況によって電気代は一概には言えないものの、ある程度はかかると思っていた方が良いです。エアコン代をけちって使わないと、犬が熱中症にかかる危険性があります。熱中症にかかってしまうとその治療費がエアコン代よりも高くなる場合もあり、経済的に逆に損をする可能性があります。節約をするのは良いことですが、愛犬の健康を脅かさない程度にしておいた方が良いでしょう。

エアコンを使わずに涼しく過ごす

 

エアコンを使わなくても夏を快適に過ごせる方法はあります。ペットショップやホームセンターではエアコンを使わずに、夏を快適に過ごせる犬用の冷却グッズが多数おいてあります。おすすめなのが冷却効果のある板やマット、洋服などですが、犬によっては噛んだり気に入らなかったりするので、愛犬に合ったグッズを選びましょう。また飲み水に氷を入れたり、ペットボトルに水を入れて冷凍庫で凍らせたりするのも効果的です。飲み水に氷を混ぜる場合は犬が氷を飲んでのどが詰まらないよう、あらかじめ氷を砕いて小さくすると良いでしょう。