福岡のペットブリーダー事情

福岡は繁殖、販売ともに国内で最も盛んな地域と言われています。その為新規開業者も非常に多く見られます。ペット産業が盛んな地域だからこそ、新規開業がスムーズな反面、競争相手が多いという事をしっかりと理解したうえで開業準備を進める必要があります。

福岡はペット産業が盛んという意味

福岡は様々な分野のビジネスが盛んで、先駆的な取組みも多々見られます。ペット産業も他業種同様で非常に盛んで有名ブリーダーの数も非常に多い地域です。ペットの取引件数でも関東に次ぐ件数を誇り、大規模なオークションも常時開催されています。

このような地域で新規でブリーダーを開業するという事は、様々なノウハウを手に入れる事が出来、比較的スムーズに開業準備を進める事が出来るというメリットもある反面、非常に水準が高く、中途半端な知識や健康管理では成功に結び付かないという面もあります。

ブリーダー業開業にあたって最も費用がかさむのは、繁殖用犬猫の入手です。この時下記のような間違った方法を選択すると、輩出した子犬、子猫に十分な価格がつかずかえって赤字になることがあります。

①安価にペット用の犬猫を入手する

(ペットショップの店頭で、安易に購入をする)

②子犬、子猫を入手したものの、成長後に繁殖能力がない事が判明する

(子犬、子猫の中には先天的な理由で繁殖能力がないケースもあります。しかしこの点は成長後でないと判断が出来ず、子犬、子猫の時点では判明しません。結果的には飼育費用の負担だけが残ることになります)

③小柄な母体を選んでしまい、数回の出産が出来ない

(母体が極度に小柄な場合、出産時に帝王切開が必要になり、その後の妊娠が望めないこともあります。小柄な方が付加価値が高まり、高額な取引が期待出来ると考えがちですが、母体においてはそのような基準が最適とは限りません)

④繁殖に不適切な犬猫もいます

(毛色のバリエーションが多いチワワやミニチュアダックスには、血統上繁殖に用いるべきではない組み合わせ、毛色がいます。このような毛色を用い繁殖を行った場合、誕生した子犬の血統証にその旨が記載されます。この点は、子犬の取引の先にペットショップから指摘を受ける事が多い項目で場合によっては取引不成立となることもあります)

繁殖用の犬猫の入手は、信頼の出来るブリーダーや取引先から行う事、十分な知識を持って正しく判断をする事が必要です。

取引先探しは紹介や斡旋を積極的に活用する

福岡というペット産業が盛んな地域でブリーダー業を開業する場合、開業にあたって事前に取引先の目途を付けておくと安心です。ペットショップなど小売店が多いからといって、新規参入のブリーダーとの取引を積極的に行うという補償はありません。中には仕入れ機能は県外にある本社が一括でおこない、地元ブリーダーとの取引を行わないという企業もあります。また取引条項も各企業ごとに異なるので、事前の確認が必要です。ペット産業はまだまだ未成熟の業界で、法整備が追い付いていない部分も多々あります。新規取引先の開拓にあたって不安がある場合は、すでに開業をしている先輩ブリーダーから業界や地域の慣例を学び、よりリスクのない内容で取引が進められるように進めましょう。